毎年12月第1日曜日に大阪城ホールで開催される「サントリー 1万人の第九」。
ベートーヴェンの「交響曲第9番」、通称「第九」を1万人が合唱するコンサート。
今年で37回目の開催を迎え、総監督・指揮を世界的指揮者の佐渡裕が務めます。

MBS毎日放送(大阪)制作、TBSテレビ系で放送。

----------
番組名:「1万人の第九2019~霜降り明星・朝日奈央も感動!令和の大合唱~」
チャンネル:TBSテレビ系(地上波放送)全国放送
放送日時:2019年12月21日(土) 16時00分~16時54分
ジャンル:音楽番組(クラシック演奏会)

毎年12月第1日曜日に開催される「サントリー1万人の第九」。
▼圧巻!霜降り明星粗品が朗読披露…佐渡裕総監督から逆オファー!?せいや見守る
▼朝日奈央が初チャレンジ!大合唱に涙
▼みちょぱも第九を初体験“生の迫力”臨場感たっぷりと

▽曲目
ベートーヴェン作曲/交響曲 第9番 ニ短調 作品125「合唱つき」
(2019年12月1日(日)大阪城ホールで収録)

《出演者》
【総監督・指揮】 佐渡裕
【ゲスト】 東儀秀樹、山崎まさよし、松室政哉 霜降り明星(粗品、せいや)、みちょぱ(池田美優)
【朗読ゲスト】 粗品(霜降り明星)
【合唱団参加】 朝日奈央 ほか  

サントリー 1万人の第九 - mbs毎日放送
(番組公式サイト)

サントリー1万人の第九|サントリー
公演公式サイト

《番組内容》
2歳からピアノを習い、高校生の時はアマチュアオーケストラで指揮棒を振っていた、霜降り明星・粗品。芸人じゃなければ指揮者になりたかったという彼がずっと出てみたかった番組が…『1万人の第九』だった。
今回、ついに夢が叶って番組に初出演!小さい頃からの憧れの人だという指揮者・佐渡裕と初対面した大阪でのロケでは、第九の歌詞のもとになったシラーの詩の朗読という大役を佐渡総監督から逆オファーされる!  
これまで仲間由紀恵や小栗旬など、名だたる俳優たちが挑んだ朗読。粗品は2年前に朗読した小栗旬に触れ「似ていると言われているので、彼のようにカッコ良く…」と意気込む一方、「芸人らしく、明るく」を目指す。
そして、クラシック初体験だというタレント・朝日奈央の合唱チャレンジの模様や、視聴者代表として、みちょぱによる第九初体験談。念願の夢舞台で挑戦する相方を温かく見守るせいや(霜降り明星)にも注目!