屋上音楽堂

テレビの合唱・クラシック音楽番組の放送予定ほか音楽関係情報

カテゴリ: クラシック音楽番組

新春恒例の「NHKニューイヤーオペラコンサート」
2018年1月3日(水)19:00~21:00
地上波テレビ(NHK Eテレ)とラジオ(NHK FM)で生放送。

オペラ(歌劇)、オペレッタ(喜歌劇)の名曲24曲を生演奏の予定。

らじる★らじる NHKネットラジオ
NHKラジオ第一、ラジオ第二、NHK FMがパソコンで聴けます。



番組名:「第61回NHKニューイヤーオペラコンサート」
チャンネル:NHK Eテレ(地上波放送)全国放送
放送日時:2018年1月3日(水) 19時00分~21時00分
ジャンル:音楽番組(クラシック演奏会)生放送
※NHK FMで同時放送。

国内外の第一線で活躍するオペラ歌手が一同に集う新春恒例のステージ。
NHKホールからの生放送でお送りします。

▽7大オペラからの名曲で再構成した「モーツァルト・ファンタジー」にご注目
▽豪華な歌手たちが名アリアを熱唱

続きを読む

新年のクラシック音楽の祭典「ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート」
オーストリア・ウィーン楽友協会から生中継でお届けします。

地上波テレビ(NHK Eテレ)とラジオ(NHK FM)で2018年1月1日(月)生放送。



番組名:「ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート2018」
チャンネル:NHK Eテレ(地上波放送)全国放送
放送日時:2018年1月1日(月) 19時00分~22時00分
ジャンル:音楽番組(クラシック演奏会)生放送
※NHK FM(ラジオ)で19時15分~22時00分放送。
☆再放送(NHKEテレ)2018年1月6日(土)14:00~17:00

世界中が熱狂!新年クラシックの祭典を現地から生中継!巨匠ムーティ円熟のタクト。ウィーン・フィル日系団員ヘーデンボルク直樹が明かす舞台裏。あの大物団員も生出演?

ワルツなくては年も明けぬ?現地スタジオからお伝えする2018年のウィーンの年明けの瞬間
▽華やかなバレエは苦労の結晶だった…ウィーン国立バレエ団トップダンサー橋本清香が明かす秘話。
▽今年の舞台にはイタリアの風が!ナポリ出身巨匠ムーティえりすぐり・初登場の名曲
▽100年前の街に思いをはせて…ウィーン激動の1918年にちなんだ名曲や歴史的建築が登場。現代のウィーン・フィルの姿の源は100年前にあった?

ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート2018 - NHK
番組情報

らじる★らじる NHKネットラジオ
NHKラジオ第一、ラジオ第二、NHK FMがパソコンで聴けます。

続きを読む

番組名:「生中継!東急ジルベスターコンサート2017-2018≪クラシックで感動のカウントダウン!!≫」
放送日:2017年12月31日(日) 23時30分~24時45分
チャンネル:テレビ東京系(地上波)6局ネット(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)、BSジャパン(BS放送)
ジャンル:音楽番組(クラシックコンサート)

今回で23回目を迎える大人気の大晦日カウントダウン・コンサート。
今年のカウントダウン曲は、『展覧会の絵』より「バーバ・ヤガーの小屋」「キエフの大きな門」(ムソルグスキー作曲、ラヴェル編曲)。
天才的ヴァイオリニストである夫ワディム・レーピンの伴奏で踊る、スヴェトラーナ・ザハーロワのバレエ「瀕死の白鳥」を生中継!

続きを読む

NHK Eテレ(教育テレビ)の年末恒例、NHK交響楽団(N響)によるベートーベンの交響曲第9番「第九」(合唱付き)の放送予定。
全4楽章。第4楽章で合唱「歓喜の歌」が歌われる。
全演奏時間は74分ほど。

番組名:「N響“第9”演奏会」
チャンネル:NHK Eテレ(地上波放送)全国放送
放送日時:2017年12月31日(日) 20時00分~21時20分
ジャンル:音楽番組(クラシック演奏会)

大みそか恒例の「ベートーベンの傑作“歓喜の歌”」。
巨匠クリストフ・エッシェンバッハが語る第9への情熱とともに、N響が紡ぐ至極のハーモニーをノーカットでお送りする。

交響曲第9番 二短調 作品125「合唱つき」(ベートーベン)。
▽曲目
ベートーヴェン作曲/交響曲 第9番 ニ短調 作品125「合唱つき」
(2017年12月22日(金)NHKホールで収録)

続きを読む

番組名:「読響・第九コンサート2017~指揮サッシャ・ゲッツェル~」
チャンネル:日本テレビ(地上波放送)関東地方ローカル
放送日時:2017年12月27日(水) 26時34分~27時59分
ジャンル:音楽番組(クラシック、演奏会)

今年を締めくくる恒例ベートーヴェンの第九!
12月19日にサントリーホールでライブ収録したサッシャ・ゲッツェル指揮のベートーヴェン第九をノーカットでお送りします。
番組後半では読響シンフォニックライブの構成も手掛けるクラシック音楽プロデューサーの新井さんを迎え、読響の今年の演奏会を振り返るとともに、来年の注目公演もご紹介します。

《出演者》
指揮:サッシャ・ゲッツェル
管弦楽:読売日本交響楽団
ソプラノ:インガー・ダム=イェンセン
メゾ・ソプラノ:清水華澄
テノール:ドミニク・ヴォルティヒ
バス:妻屋秀和
合唱:新国立劇場合唱団

番組司会:松井咲子
トークゲスト:新井鴎子(クラシック音楽プロデューサー)

続きを読む

このページのトップヘ