屋上音楽堂

テレビの合唱・クラシック音楽番組の放送予定ほか音楽関係情報

タグ:らららクラシック

2019年9月6日(金)放送の「ららら♪クラシック」は、アニメ「トムとジェリー(Tom and Jerry))」の初期短編映画シリーズ特集の第二弾。第一弾は2019年4月5日(金)放送。

トム&ジェリー第一弾がすごく面白かったので、続編はうれしい。
大人の視点から見ても、音楽が本格的で手を抜いていません。
トムがピアニストになった話では、音楽と指の動きがきちんと合わせてあって、音楽が好きなスタッフが本気で作っていたのだと驚きました。

再放送は9月12日(木) 10:25~10:55



番組名:ららら♪クラシック「トムとジェリーとクラシック、おかわり!」
チャンネル:NHK Eテレ(地上波放送)全国放送
放送日時:2019年9月6日(金) 21時00分~21時30分
ジャンル:音楽番組(クラシック教養)

アニメ「トムとジェリー」の音楽を探る特集第二弾!音楽をアニメと同期させた80年近く前の手法など、更に深く。東京フィルによる「トムとジェリー」音楽の演奏は必見!

アニメ「トムとジェリー」の音楽の秘密をひもといた特集の第二弾!
初期の作曲を担当したスコット・ブラッドリーの手腕を更に掘り下げる。音楽とアニメを同期させる80年前の驚異の手法や、全ての音楽に意味を込めていた構成の凄みなど、驚きの技の数々を探る。
また東京フィルハーモニー交響楽団が映画「ごきげんないとこ」の音楽を丸ごと演奏。複雑怪奇な構成と難易度の高い演奏は楽しくもスリリング!全ての音楽ファン必見!

続きを読む

番組名:ららら♪クラシック「永遠の都を愛して~レスピーギの“ローマの松”~」
チャンネル:NHK Eテレ(地上波放送)全国放送
放送日時:2014年7月5日(土)  21時30分~22時00分
ジャンル:音楽番組(クラシック教養)

きょうの一曲はレスピーギ作曲「ローマの松」。ローマの“松”!?ローマにも松があるの!?作曲したのはレスピーギ。この曲が誕生したカゲにはある女性とのロマンチックな出会いが!?作曲家の美濃さんがローマの石だたみに響く足音の秘密を解き明かします。永遠の都・ローマの美しい風景とともにお楽しみください。

続きを読む

番組名:ららら♪クラシック「南米に咲いたクラシック~ヴィラ・ローボスのブラジル風バッハ」
チャンネル:NHK Eテレ(地上波放送)全国放送
放送日時:2014年6月14日(土)  21時30分~22時00分
ジャンル:音楽番組(クラシック教養)

いよいよFIFAワールドカップがブラジルで開幕!そこで「ららら♪クラシック」もブラジルの音楽に注目。といっても紹介するのはサンバやボサノバではなく、これらよりもブラジルと深い関わりのあるヨーロッパの「クラシック音楽」です。20世紀を代表するブラジル人作曲家ヴィラ・ローボスが代表作「ブラジル風バッハ」に込めた思いとは?「ブラジルらしさ」と「バッハらしさ」が織り込まれたこの作品の魅力に迫ります。

▽曲目
「ブラジル風バッハ」
作曲:ヴィラ・ローボス
演奏:天羽明惠(ソプラノ)、東京フィルハーモニー交響楽団


続きを読む

番組名:ららら♪クラシック「いとしさと切なさと…~ドボルザークの“新世界から”~」
チャンネル:NHK Eテレ(地上波放送)全国放送
放送日時:2014年6月7日(土)  21時30分~22時00分
ジャンル:音楽番組(クラシック教養)

今回の名曲はドボルザークの交響曲「新世界から」。第二楽章は日本でも「遠き山に日は落ちて」「家路」など日本語歌詞でカバーされ、長きにわたり愛されてきたおなじみのメロディー。曲名の「新世界」ってどこのことか知ってますか?この曲を聴くと懐かしい気持ちになりますよね。それにはちゃんと理由があったんです!世界各国の音楽にも共通する郷愁を感じさせる音の秘密とは?


続きを読む

番組名:ららら♪クラシック「響け!俺のバンドネオン~ピアソラの“リベルタンゴ”~」
チャンネル:NHK Eテレ(地上波放送)全国放送
放送日時:2014年5月31日(土)  21時30分~22時00分
ジャンル:音楽番組(クラシック教養)

タンゴは、アルゼンチンで生まれたダンスで、また、そのダンスのための音楽。しかし、ピアソラは、常識を覆す前代未聞のタンゴの作品を次々と発表し続け、“タンゴの破壊者”のレッテルを貼られてしまった。「リベルタンゴ」もそんな作品の一つ。曲名は、自由とタンゴをつなぎ合わせたピアソラによる造語。彼は、どんな音楽を目指したのか…。ピアソラの人物像を見つめながら、この曲の魅力をひも解いていく。

▽曲目
「リベルタンゴ」
作曲:ピアソラ
演奏:小松亮太(バンドネオン)、近藤久美子(バイオリン)、天野清継(エレクトリックギター)、田中伸司(コントラバス)、林正樹(ピアノ)


続きを読む

このページのトップヘ